IGARASHI BLOG寺泊アメヤ横丁

  1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. 五十嵐ブログ
  4. 寺泊アメヤ横丁

寺泊アメヤ横丁に行ってみた

幼い頃に釣りをしていたこともあって、魚を見るのが好きです。
そんなこともあって、時より寺泊アメヤ横丁までドライブ兼ねて行くことがあります。

行くと、食べたくなるのが「生牡蠣」。
夏場であれば、新潟産の岩牡蠣を食べるのですが、今は冬なので岩手産の生牡蠣でした。
どうしようかな?と思って、少し悩みましたが、食べることにしました。

金額も350円と夏場よりも安いかな?。
寺泊アメヤ横丁では「生牡蠣」は、その場で剥いてくれて、その場で食べられます。
剥かれた生牡蠣を見ると、まぁまぁ大きいではないですか。ラッキーです。

食べてみましたが「うまい!!」。
冬場の牡蠣の方がうまいような気もします。
(新潟の岩牡蠣も、うまいのですが、こっちもうまいな・・・。)

まずは満足。

あとは、角上魚類に行って「番屋汁」を飲むのも、いつもの定番。
ついでに、お寿司と一夜干しイカの天ぷらも購入。
こちらも美味しかったです。

今回は、冬ということとコロナ禍ということもあり、お客は少なめでした。

帰りには冬の味覚「ギンバソウ(ながも)」と、「しじみ」と「ヤリイカ」を買って帰りました。
「ギンバソウ(ながも)」は、さっと茹でて、まろやか酢をかけて頂きます。
「しじみ」は冷凍できるので、小分けにして冷凍。あとでお味噌汁に。
「ヤリイカ」は里芋と一緒に、煮付けにして頂きました。
美味しかったです。