IGARASHI BLOG睡眠に責任をとったら快眠になった。

  1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. 五十嵐ブログ
  4. 睡眠に責任をとったら快眠になった。

五十嵐です。

実はここ3ヶ月くらい、寝ても疲れがとれず、睡眠も浅くい状況が続いていました。

なので、日中も頭がスッキリしない感覚があり、昼寝をしたとしても、まだだるい感じが残るという状態・・・。

年をとると、こんなものなのかな、と諦めていたのですが、ふと、
「あれ?私はこの睡眠に関して自分が責任をとっていないのかもしれない」
と思い立ち、このことに責任をとることにしました。

すると、見えてきたのは、

1.今の寝具を変えてみることと、寝室も変えてみる。(これもプロにアドバイスをもらって)

2.呼吸器内科に行って、ちゃんと診てもらう。

が、行動することと見えてきました。

これまでの私は、1Fの和室の畳の上に、マットレスを敷いて、その上に羽毛の敷布団で寝ていたのですが、どうも布団の沈みが少ないようで、寝て起きても肩甲骨のあたりが痛くなってだるい感じがあり、どの体勢で寝ても呼吸もつらい感覚がありました。

そこで、もうこの際に2Fの寝室にベットを買って、質のいいマットを購入して、かつ2Fの壊れているエアコンも買い換えて、寝る環境を改善しようと計画しました。

そこで、1に関しては、当社のお客様でもある「横山寝具店」さんの専務の横山さんに事情を説明し、アピタ亀田店の中にある「横山寝具店」さんに行って、いろいろと相談して、私の体にぴったりとあった「整圧敷ふとん」と「オーダーメイド枕」と「ベッド」を購入させてもらい、その日のうちに「整圧敷ふとん」と「オーダーメイド枕」を持ち帰って、今の1Fの和室の環境は変わらないのですが、それで寝てみたらなんと!、どの体勢で寝ても呼吸は楽だし、寝て起きても、体はどこもだるくないし、頭もスッキリとしているし!!




あきらかにこれまで変わったのは、肩甲骨のあたりの沈みができたので、寝てて本当に楽なのと、私の普段の姿勢に合わせてオーダー枕で首元を少し高めの設定に変わって、首の疲れたとれているのが、自分の実感としては変わったことです。これ以外にも、寝ていても「カラっと」しているので、それも快適に寝れているのだと思います。

これらのことで、本当に寝ていての呼吸が楽になりました。どの体勢をとっても。

あと、2に関しても青山の呼吸器内科に行ったら、たぶん「睡眠時無呼吸症候群」ということで、その検査の機械を自宅に送ってもらい、一晩寝て計測することになりました。

ただ、その計測する日は、上記の寝具を変えた日なので、普段の睡眠の数値というよりも、寝具によって改善された後の数値になりそうです。

その結果は、まだ出ていないのですが、感覚としてはスッキリと寝れたので、無呼吸の方も少ない結果になるんではないかと期待しています。


そんなことで、これまで全く自分の睡眠に関しては、なんの関心もなく、それを変えるなんて考えたこともなかったのですが、そこにも自分が責任をとってみようと選択したら、こんな快眠生活が手に入ったというのは、本当にすごいことです。

睡眠は人生で1/4をしめるわけですが、これまでは人生の1/4を考えていませんでした。

しかし、今はその1/4の人生も手に入れたと思ったら、睡眠に関しての不安もなくなり、人生が得したというパワーも入ってきました。

いや〜〜、睡眠がこれほど大切なものというのは、今回のビフォーアフターがあって、初めて知ることができました。

睡眠が浅くて困っている、寝ても頭がぼ〜〜っとするという方は、思い切って「自分にあった寝具」を購入することをお勧めします!!

今週末には、ベットも2Fのエアコンの取り付けも完了するので、またあらたな環境での人生が始まりそうです!!

横山寝具店の横山さん、ありがとうごさいました〜〜。

タグ:寝具 快眠 眠り