MURAYAMA BLOGSDGs de 地方創生カードゲーム@アオーレ長岡

  1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. 村山ブログ
  4. SDGs de 地方創生カードゲーム@アオーレ長岡

昨日24日に、アオーレ長岡でJICA新潟デスク主催の「にいがたまちづくり会議」が行われました。
新潟県出身・在住のJICA海外協力隊と、県内で活動する地域おこし協力隊を対象とした、W協力隊のコラボイベントです。

第一部では、事例報告と交流セッションということで、県内で様々なまちづくりの活動に取り組まれている協力隊のお話を聞きました。
コロナ禍でも子供たちが自由に外遊びできるようにプレーパークを作った方や、高齢者向けのスマホ教室を地元学生と一緒に行っている方の事例など、どれも素晴らしい取り組みばかりでした。

第二部では、ご依頼をいただいた「SDGs de 地方創生」カードゲーム!
昨年からのリピートの方も数名いらっしゃったので、いつもより少し時間を短くしてやってみました。




前半は苦戦したものの、徐々にコツがつかめてきたようで、ターンの間の休憩時間にも休まずに作戦を立てていました…!
皆さんの集中力がすごかったです。

その結果、後半では会場が一体となって目標に向かって進み、最後のターンで怒涛の追い上げとなりました!!


(経済が11個あるのに、10と書いてありますね…。きっと私の間違いです。笑)


振り返りセクションでは、対話における重要性や、良いまちを作るために必要な要素について発言されている方が多く、私自身もとても勉強になりました。
参加者の方からご感想をいただきましたので、一部をご紹介します。

  • ・こんなゲーム感覚でまちづくりについて考えることができ、大変勉強になりました
  • ・ゲーム自体はかなり完成したものだが、地方創生の中で自分の地域に目を向け、深く知ることができるような要素を補うことも考慮できればと思う。
  • ・頭を使いつつも、とても熱中してゲームに参加しました。
  • ・本当のまちづくりはこのように理想的な道を通らないだろうと思うのですが、対話のエッセンスは学べたので今後に生かしたいと思います。
  • ・よくまとめられていました。なんか話し合える場があればと良かったと思います。
  • ・ゲームなので楽しかったが、実際の予算・お金に限りがあり、成果を問われたら、こんなにうまくいかないだろう。リアリティを出すなら、お金に上限がいるかな?
  • ・二度目ということもあってか、さらに学びが深まりました。
  • ・SDGsとまちづくりをゲームを通して自分ごと化できた。たくさんの視点/学びとなるゲームでした。
  • ・思っていたより複雑だったが、その分いろいろなロジックが含まれていて面白かった。行政としても一市民としても学ぶことが多かった

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!
にいがた三昧では、随時カードゲームを開催しておりますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

カードゲームに関するお問い合わせはこちらから
https://forms.gle/ptmMsQ8hjE7xSWcu8