KOUSAKA BLOGワークショップを行いました

  1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. 高坂ブログ
  4. ワークショップを行いました

こんにちは!高坂です。
久しぶりのブログになってしまいました…前半の勢いはどこへやら…。
ラストスパートかけます!笑

先日、社内研修としてワークショップを開催しました★
7月と12月に開催している高坂主催のワークショップ。
もう3年目くらいになるでしょうか。

今回は2部構成としまして、
第1部は先月から弊社に仲間入りしてくれた村山さんから、JICAの海外協力隊の一員として、トンガで2年間そろばんを教えていたときのことを講演していただきました。


皆さん、トンガってどこにあるかわかります?
どんな文化かわかります?
ということや、トンガでそろばんを教えていた時の様子などを写真や動画を交えながら教えてくれました。
30分の時間をとっていたのですが、知らないことばかりだったのであっという間でした。
もう少し聞きたかったくらい!
他スタッフからも、質問がたくさん出てきてみんな興味津々な様子でした^^

第2部はコミュニケーション力・チームワーク力を高められるようなゲームを2個行いました。

1つ目は、「どれくらい想像できるかな⁉答え合わせゲーム」です。
ゲームのルールは、2チームに分かれ、「スマートフォンといえば?」といったお題で各自思い浮かんだものを書いてもらいます。
競い方は、チーム内でどれくらい答えを合わせられるか。。。その答えがあった人数でポイントを得られます。
つまりこのゲームのポイントは、チームのメンバーの思考をどれくらい読めるか…。
「スマートフォンといえば?」というお題であれば、「自分はiPhone使っているからiPhoneって書こう!」という判断ではダメなのです。
そのチームのその人以外が全員アンドロイドの機種を使っていたら回答は一致しなそうですよね?
という感じで、チーム内のメンバーの年齢、好きなもの、性別などからみんなが相手のことを考えて答えを出すゲームです。
某人気アイドルグループの番組のゲームを真似させてもらいました。


↑こんな感じです(この時のお題は「東京の観光名所と言えば」)

みんな結構楽しそうに取り組んでもらえていました^^

次にまったく別のタイプのゲームを行いました。
2チームに分かれて、手元のカードの情報のみで答えを出してもらうゲームです。
カードには答えを出すまでのヒントが書かれていたり、時には役に立たない情報も書かれており、そのカードをチーム内でトランプのようにメンバーに配ります。
大事なルールはここから。

・カードの情報は口頭だけで伝える
・カードの情報は個人でメモを取ってはいけない
・カードの情報を答えを書く紙に書いてはいけない
・カードを他のメンバーに見せてはいけない

このルールのもと、お題をクリアしてもらいます。


みんなすごく真剣!

これまでも数回同じようなルールのゲームを開催してきたのですが、パーフェクトに答えを出せたことはありませんでした。
しかし、なんと今回は1つのチームが見事正解!
もう一方のチームもとっても惜しかったのですが、どこかで偽情報の思い込みが発生したようでした。

このゲームではチームのリーダー力のアップ、またリーダーをささえるまわりのメンバーの動き方を学ぶことができます。
これまでのワークショップ含め、どうやったらチームがうまく機能するのか…ということを色々体験してもらえたことと思います。
みんなが実務に活かしてくれることを高坂は楽しみにしております!

最後には恒例の年末マネージャー賞の発表も開催。
企業理念に則って行動した人(理念推進賞)、一番成長した人(努力賞)に贈られます。
今年は、八幡さんが理念推進賞、保坂さんが努力賞でした。



そして今年で勤続10年を迎えた渡辺さんにも会社から「永年勤続者賞」が贈られました。


以上で2019年のワークショップはすべて完了。
皆さんお疲れ様でした。

残りもわずかですが、最後まで気を引き締めて頑張ります!